口 ニキビケア

口まわりのニキビケアについて

ニキビってホント顔のいたるところにできますよね。

 

口のまわりにも容赦なくニキビができてしまいます。

 

では口の周辺にできたニキビってどんなケアが効果的なのか?

 

 

10代の思春期にできるニキビを思春期ニキビ、大人になってからできるニキビを大人ニキビと呼ばれていますが、口周りにできやすいのは大人ニキビの方です。

 

思春期ニキビは額〜鼻(Tゾーンと呼ばれる部分)にニキビができやすいという特徴があります。

 

大人ニキビというのは口やあごといったUゾーンにできやすいという特徴があるんですね。

 

大人というのは社会からのストレスをどうしても抱えがちになってしまうので、その影響でホルモンのバランスが崩れ、ニキビができやすい状態になってしまうんです。

 

女性の場合だと生理前によく口周りにニキビができるという人も少なくないはずです。

 

 

またストレスが原因でつい食べ過ぎてしまう!

 

これも胃に負担がかかることで胃腸の機能に負荷をかけてしまうことになるので、ニキビができる原因となります。

 

腸の活動力が落ちていると便秘のリスクも増加して肌のトラブルの要因へとつながってしまうんですね。

 

 

ひげ剃りや化粧の刺激によってもニキビができたりもするんですよ。

 

例えば髭剃りに使うカミソリが汚れている状態で使ってしまうと、毛穴で細菌が繁殖することも考えられます。毛穴で細菌が繁殖するとニキビができる可能性があります。

 

化粧にしても油分が毛穴から入り、そこで酸化するとニキビの要因になる可能性がありますよね。

 

 

このようにニキビができてしまう要因っていろんなことが考えられます。

 

 

口周りにニキビができないようにするためにはどうすればいいのか?

 

まずはストレスを溜めない!

 

これにつきると思います。

 

夜更かしをせず、睡眠時間を確保することが習慣化できればかなりのストレス軽減につながります。

 

 

 

食生活にしても胃腸に負担をかけずにバランスよく食事を摂取する!

 

その中でもビタミンB群を取ることは大事です。

 

 

メイクもそのままにせず、ちゃんとクレンジングで落とすこと!

 

 

 

これはニキビケアで大事なことなんです。

 

本気でニキビを治したい!ニキビを作りたくないと思ったら、健康的な食生活、規則正しい生活を送るようにしてくださいね!

 

規則正しい生活ができていないと、どれだけ効果があるニキビアイテムを使ったとしてもなかなか改善してくれませんからね。