ニキビ 治療 皮膚科

ニキビの治療って皮膚科ではどんなことをするの?

顔にニキビができて困っているという方も多いと思います。

 

もし今ニキビに悩まされているのなら、多くの方はドラッグストアなどで販売されているニキビ治療のクリーム等を使うのではないかと思います。

 

今すぐ使える!ってことを考えれば、近所のドラッグストアで手に入るニキビ用クリームは有効だと思います。

 

でもドラッグストアのニキビ用クリームを使っても治らない!って方はどしたらいいのか?

 

そんな方は迷わず皮膚科に行きましょう^^

 

 

毛穴に皮脂がつまったり、古い角質で毛穴がふさがってしまうと皮膚を刺激することになり、化膿してしまう可能性があります。

 

この化膿がニキビというわけです。

 

 

一般的に考えるとニキビって若い年齢層にできやすいと思われがちですが、実際のところ多くの年齢層の人がニキビに悩まされているんですね。

 

ニキビの程度が軽ければ、抗生物質が入っている塗り薬や飲み薬でニキビの改善を行っていきます。

 

 

また抗生物質以外だと、ビタミン剤やホルモン治療などの治療を行うところもあるようです。

 

 

近頃の皮膚科というのは、できてしまったニキビを除去するといった治療はあまりしないような環境になっています。

 

広範囲のニキビにたいして、またニキビが慢性化することで繰り返しニキビができてしまう場合については状況が違ってくるんですね。

 

 

通う皮膚科によって対応も様々で、中にはケミカルピーリングで肌の状態をよくするという施設もありますからね。

 

 

あまりにもひどい場合は、ステロイド剤や抗生物質を注入し治療効果を高めるといった方法もあります。

 

皮膚科に通うことで、自分だけの知識では改善できないニキビの治療が可能となるわけです。

 

 

皮膚科に通ったからといって不規則な生活、また食生活の見直しを行わない場合は、ニキビが改善するどころか、ニキビの状態が悪化する可能性もありますので注意が必要ですよ。