ニキビ跡 赤み 原因

ニキビ跡のイヤな赤み!原因って何!?

ニキビができた後に残る赤み、よくニキビ跡って呼ばれていますが、この赤みを消すのって難しいと言われています。

 

ニキビ跡の赤み対策をするアイテムっていろいろと販売されていますが、これらの赤み対策用のアイテムを使う前にまずは赤みができる原因を知る必要があると思いませんか?

 

 

ニキビ跡が赤みになってしまう理由はイロイロとあるようです。

 

化膿ニキビや赤ニキビといった炎症が原因で、赤みが残ってしまう部分はニキビを悪化させてしまったところです。

 

また赤みだけではなく、腫れてしまったニキビは皮膚に痕跡を残してしまいがち。

 

ニキビが治った!ニキビが無くなったと思えても、炎症の原因は皮膚にあるので、それが原因でニキビ跡の赤みとして皮膚に残ってしまうことがあるんです。

 

表面的な肌トラブルではなく、真皮層にまで達しているような化膿や腫れになっていることも。

 

表面上は治っているように見えても、皮膚の奥では炎症が治っていない場合があります。

 

 

ニキビ跡の赤みというのは、表層では見えない肌のトラブルが原因である場合が多くあるんですね。

 

ニキビの炎症が原因となり、その周辺の血流が悪くなり血液が停滞することで赤みが残ることもあります。

 

ニキビが皮膚を刺激することでメラニン色素が大量に作られて、ニキビ跡の赤みとして見えてしまうこともあります。

 

どうして自分のニキビ跡が赤みになってしまったのかを確認することができれば、その原因に合わせて対策ができるのでよりよい対策ができるのではないですか?