生活習慣 ニキビ跡 赤み

ニキビ跡の赤みを消すための生活習慣の見直しとは?

ニキビができてしまった後の赤みが残ったとしても皮膚のターンオーバーが正常であれば赤みは少しずつ減っていきます。

 

でもターンオーバーが正常でなければニキビ跡の赤みというのはなかなか解消してくれません。

 

このターンオーバーを促進するためにはバランスが取れた食生活、十分な睡眠といったことが大事になってきます。

 

バランスが取れた食生活の中でも特に摂取したい栄養素にたんぱく質があります。

 

たんぱく質というのは皮膚は当然のこと、髪の毛、筋肉、臓器といった体のあらゆる部分を構成するための成分です。

 

たんぱく質といっても魚や肉、乳製品から摂取できる動物性たんぱく質もあれば、豆腐、納豆といった植物性たんぱく質があります。

 

どちらも体のためには必要なたんぱく質といえますね。

 

 

ニキビ跡の赤みをすぐにでも消したいと思う方は、積極的に体を動かし、代謝のいい体を作りましょう。

 

そうすることで皮膚の新旧交代がスムーズに行われます。

 

赤みが残っている古い皮膚を新しい皮膚に変わるためには運動を行い代謝を活発にし、エネルギーの消費効率をよくすることです。

 

 

軽い運動をすることが習慣にできればニキビ跡の赤みを解消することができると思います。

 

注意点としては紫外線に長時間さらされてしまうと肌の新陳代謝が悪くなるので、気をつけてくださいね。

 

また化粧水などを使ってしっかりと肌の保湿をすることも大事です。

 

日頃から肌の保湿を心がけるようにしてください。

 

肌の新陳代謝が活発になる時間帯は成長ホルモンが分泌される夜22時〜2時です。

 

この時間帯はなるべく睡眠時間にあてるようにしてくださいね。